憧れのいさりび鉄道、海を見る旅

 

 

 

 津軽海峡を新幹線でわたり、木古内駅で降りたのは午後3時前だった。

 ここからは海沿いを函館まで、いさりび鉄道で行くのだ。

 3時19分、一車両だけのローカル線はゆっくり動き始めた。

 北国の列車は窓が小さく、窓側の足元は鉄製の四角い暖房筒があり暖かい。

 暖かい日差しに映える紅葉の中を進んでいると、反対側に海が見えてきた!

 電車はこのまま11月の海岸線をゆっくり進む。

 小さな駅で1人2人乗ってくる人も又、海を見ている。

 北国の午後は暮れるのが早い。 夕陽になりかけの光が海を

照らしている。旅に出てよかった、と思う。

 4時を過ぎた頃には町が見えはじめ、電車は

さりげなく函館へ到着した。

 夜を迎えた僕は旅人が集まっている17階のラウンジで

函館の海を眺めていた。

 

                            松木